赤土琉球ハーブ蒸しとは

沖縄の赤土で作った座器と壺、沖縄の大地で無農薬栽培されたハーブを使用します。

座器と壷は、“やちむん”という沖縄の伝統工芸で職人さんが一つ一つ丁寧に作り上げられたものです。

壺に約40種のブレンドされたハーブと水を入れて蒸し、肛門と子宮の粘膜からハーブを吸収させて子宮や身体を温めていきます。

当サロンでは、出雲大社相模分祠に祀られている龍蛇神様の御神水を頂戴して、蒸す際に使用しております。


赤土琉球ハーブ蒸しを行う手順は以下の通りです。


①カウンセリングシートを記入していただきます。

②裸になり、マントを着ます。

③温まった座器に座り、蒸気を浴びます(40分)。

④タオルで汗を拭きとり、お着換えをして終了です。


※タオルと飲み物をご用意しております。



〜身体を温める事で期待される効能〜

・血液の循環がよくなる事で新陳代謝促進

・基礎体温のup

・免疫力up

・デトックス

・体質改善

・リラックス

・美容

・ダイエット

・生理痛等の女性特有の症状の改善

・赤ちゃんを授かりやすくなる

・自律神経を整える

・三代欲求を調整する



〜スピリチュアルな視点から〜

・浄化

・グラウンディング

・アーシング

・エネルギー・オーラ・チャクラ調整

・天と地を繋ぐエネルギー

・魂を磨くツール

・第1チャクラ・第2チャクラの活性化

・自分自身の土台と軸の強化


赤土琉球ハーブ蒸しHPより抜粋


子宮や身体が温まり緩めば、自分の本音や感情が溢れ出してきます。

それが、本来の自分です。

本来の自分を受け止め、自分の感覚に素直に過ごすようになると、自分らしく生きやすくなります。

まずは身体の声に向き合い、自分と対話してみましょう。

身体の声を無視していると、病気となってサインをくれます。

のんびりとリラックスして身体を蒸して温めていると、身体が何を欲しているかメッセージをくれることでしょう。

そして、神々の島沖縄の恵み生みだされた座器や壺、ハーブにより全身で沖縄のエネルギーを感じて下さい♡

あなたの心身を、赤土琉球ハーブ蒸しでサポートいたします。